ラギオールのミツバチ伝説

削りだし中のミツバチシャトーラギオールは、この地方の伝統的な工芸品であるラギオールナイフを素にしてソムリエ・ヴィアリス氏とSCIP社の社長サナジェスト氏が共同で開発したソムリエナイフです。
シャトーラギオールをはじめとしたラギオールナイフの象徴であるミツバチの彫り物にはこんなエピソードがあります。
シャトーラギオールのミツバチ
シャトーラギオールの原型 ラギオールナイフ ポケットタイプ

フランスオーベルニュ地方ラギオール村の出身の兵隊達が皇帝ナポレオンに度重なる戦場でその勇敢さを認められて、皇帝のマントに飾られている象徴のミツバチを彼らの刀につける許しが得られた、というものです。
ところでこのミツバチの彫刻が頻繁につけられるようになったのは、つい最近のことです。第二次世界大戦の終わる頃までは、単に三角形ののっぺりとしたでっぱりが付いているようなものでした。
その一方でラギオール村の職人達は、スペインの職人達が使っている蠅のマークと混同しやすいことを嫌ってこのミツバチをはずそうとさえしていました。2つの昆虫は、デザイン化されると本当によく似ているものだから。


シャトーラギオール ソムリエナイフ 最近は、フランスの伝統的ナイフ、といえばこのラギオール型ナイフが世界的に認められるようになり、それと共にこのミツバチのマークもシンボルマークとして不可欠な存在になりました。
ちなみに1829年に始まったといわれている現在の形の折り畳み式ポケットタイプのラギオールナイフは、当初フランスオーベルニュ地方の南部にあるラギオール村が起源とされていますが、その製造はまもなく北部の優秀な刃物職人の町ティエールに主流が移ることになります。現在、ほとんどのラギオールナイフがティエールで造られているのは、そういった理由からです。


×閉じる

前のページに戻る このページのTOPへ