ボルドー白ワイン

 ボルドー赤ワイン   ボルドー甘口ワイン   ボルドーロゼワイン
ビオマーク当店では、有機栽培ワインに「てんとう虫マーク」を付けています。



いままでのお買い物の中身を見るときはクリックして下さい


シャトー テュレイ Bordeaux

2010年  ¥1,695(消費税別途) 発注本数 本 

 

 千円代で良質のさっぱりとした白ワインを探すならボルドーのプチ・シャトー、その中でもこのテュレイは良質白ワインの名作として現地ボルドーで高く評価されています。
オ一ナーは栽培学の教授でフランシス・クールセル氏。辛口ワインの世界で最も注目を集める生産者の一人。
BRUTUSの特集「白ワインの教科書」で 2,000円以下のソーヴィニヨン・ブランで2位に輝きました。
ハウスワインとして、多くのレストランが使用しています。


ソーヴィニヨン・ブラン50%  セミヨン50%


シャトー レイノン  
Ch Raynon   Bordeaux Sauvignon Blanc

2011年 ¥1,886(消費税別途) 発注本数 本 

   世界中で認められた良質の白。このシャトーはボルドー大学の世界的白ワイン (特にソーヴィニヨン・ブラン)の権威であるデュボルデュー教授の所有するシャトー。

 

ソービニヨン・ブランの香りが最高に高められた状態を見極めて収穫する、素晴らしいグレープルーツ、洋梨などの芳香が楽しめます。

2011年は、やや冷涼で早熟の気候となり、白に適した綺麗な酸を感じさせるフレッシュ感の高い年。すっきりとしたグリーン・ハーブのニュアンスが特に強調されて感じられることでしょう。セミヨンがブレンドされているところに、独特のこだわりがあるようです。

ソービニヨン・ブラン87% セミヨン13%



クロ・フロリデンヌ白   Graves
Clos Floridene Blanc

2010年 \3,219(消費税別途) 発注本数 本 

ソーヴィニヨン・ブランのピュアな果実香が華やかに薫るボルドー白の代表作。 『オーブリオン・ブラン、ドメーヌ・ド・シュヴァリエの品質にも匹敵する、見事な白のグラーヴ・・・』と語ったのは、辛口評論家のロバート・パーカー氏。


ボルドー大学教授で、白ワイン研究の世界最高権威、ワイン醸造の分野から初めて『パリ科学アカデミー賞』を受賞したデュボルデュー氏が直接所有。 ソーヴィニヨンブランの個性が際立ちますが、セミヨンもかなり多い比率でブレンドされています。

ソーヴィニヨン・ブラン50% セミヨン47% ミュスカデル3%



エスプリ・ド・シュヴァリエ白   Pessac Leognan
L'Esprit de Chevalier Blanc

2009年 \3,214(消費税別途) 発注本数 本 

この「エスプリ・ド・シュヴァリエ」は、ボルドー中価格帯の辛口白ワインを代表する素晴らしいワイン。ボルドーの最高辛口白ワインであるドメーヌ・ド・シュヴァリエのセカンド・ラベル。ファースト・ラベルが1万円以上する中で、このコストパフォーマンスの高さは特筆すべき魅力です。


新樽で発酵・熟成させる方法を伝統的に行い、フレッシュな魅力も素晴らしいですが、長期熟成によりさらにその実力を発揮します。
まずそのしっかりとした構成力。繊細かつ華やかで魅力的な香りと滑らかでリッチな口当たりがあるワイン 。
ボルドーの最高辛口白ワインであるドメーヌ・ド・シュヴァリエのセカンドワイン。このコストパフォーマンスの高さは特筆すべき魅力です。

その充実度の高さは、この価格帯の辛口白ワインの中では、他を寄せつけない傑出した存在といって過言ではありません。

ソーヴィニヨン・ブラン70% セミヨン30%



ブラン・ド・ランシュバージュ白   
Blanc de Lanch-Bages

2011年  ¥5,886(消費税別途) 発注本数 本 

大変人気の高いCHランシュバージュの限定生産品、素晴らしい白ワイン。


明るいレモンイエローの色調、新鮮で豊かな果実香の中に樽香が上品に ふくらみ、まろやかで滑らかな口当たりと長い余韻があります。

最近流行の樽発酵ではなく、発酵はステンレスで行い、熟成以降をバリック樽で行います。それは、温度などの管理が樽では細かくできないため。徹底したコントロールがランシュバージュの特徴。

区画・品種毎に発酵熟成させ、各樽毎の品質管理を徹底し、完全に熟成を終えた瓶詰め直前まで他のセパージュとのブレンドは行いません。そんなしっかりとした「躾」を感じさせるワインです。



セミヨン40%、ソーヴィニョン・ブラン40%、ミュスカデル20%


シャトー カルボニュー

シャトー カルボニュー Graves  Grand Cru Classé

Ch. Carbonnieux

シャトー カルボニュー
2010年  ¥5,410 (消費税別途)
発注本数

グラーブの特級格付けワインの中でも、特に優秀な白ワインを産出することで世界的に有名なシャトー。「田崎慎也のワインライフ」 誌でも、ペサック・レオニャン地区お手頃価格帯No1白ワインに選ばれたことがあります。
きれいな果実味と酸、ふくよかさと新鮮さのバランスが非常に整った素晴らしいワイン。
新樽で熟成させ、リンゴや白い花の中に、焼き菓子のようなややスモーキーで魅力的な香りが特徴的。

ソーヴィニヨン・ブラン60%、セミヨン38%、ミュスカデル2%



ドメーヌ・ド・シュヴァリエ白   Pessac Leognan
Domaine de Chevalier Blanc

1993年 \14,800(消費税別途) 発注本数 本 

ボルドーの最高辛口白ワインが、このドメーヌ・ド・シュヴァリエ。 その上品な口当たりと、複雑で奥深い香味、長く魅力的な余韻は、筆舌に表現しがたいまさに芸術的領域です。


新樽で発酵・熟成させる方法を伝統的に行い、フレッシュな魅力も素晴らしいですが、長期熟成によりさらにその実力を発揮します。
まずそのしっかりとした構成力。繊細かつ華やかで魅力的な香りと滑らかでリッチな口当たりがあるワイン 。


大変貴重な20年以上の長期熟成をしたこのシュヴァリエは、ボルドー辛口白の完成形としてご堪能ください。

ソーヴィニヨン・ブラン70% セミヨン30%


ヴィルジニー・ド・ヴァランドロー

ブラン・ド・ヴァランドロー No1 (ヌメロ・アン)白  直輸入

Blanc de Valandraud No1 Bordeaux

2005年 ¥8,552 (消費税別途) 発注本数

ブラン・ド・ヴァランドロー 「シンデレラワイン」、「ガレージワインの元祖」と呼ばれるヴァランドローがほんの少しだけ造る秘蔵の極上白ワイン。


 ヌメロ・アン(No.1)は、白ワインのトップ・キュヴェで、新樽100%による樽発酵・樽熟成を行い、モンラッシェのように芳醇な味わいとなっています。  サンテミリオンは、白ワインを名乗ることが出来ないために、法律上は「ボルドー・ブラン」となっていますが、ボルドーで最も貴重な高級白辛口ワイン。

本来万円単位のワインですが、テュヌヴァン氏の好意で特別に入手できました。

 

当ショップ直輸入

 


 

ソーヴィニヨン・ブラン50% セミヨン50%


イグレック・ディケム  
Y d'Yquem   Bordeaux Blanc

2008年  \16,000(消費税別途) 発注本数 本 

   世界で唯一最高の甘口貴腐ワイン、CHディケムのぶどうを辛口に仕上げた極上品。

色合いは深く、香りも大変に高貴な甘い香りが漂いますが、味わいは、しっかりとしたコクのある辛口に仕上がっているところがパラドックス的。

イグレックは、天候不順や収穫したブドウに充分な貴腐菌がついていない状態にのみ造られるため、安定した供給がありません。その量はごく僅かなため、本国フランスでも入手困難なアイテムです。そして大変に個性的かつ高品質なワインです。

セミヨン主体


ロゼワイン
 

シャトー パランシェール クレレ ロゼ Bordeaux Clairet
Ch de Parenchere Bordeaux Clairet

2010年  \1,505(消費税別途) 発注本数 本 

  味わいのしっかりとした魅力的な、ボルドー辛口ロゼ。


ロゼの中でも、もっとも赤に近いしっかりとした色合いと構成を持つのが、「ボルドー・クレレ」と呼ばれるワインで、ブドウ果皮の浸漬時間が一般的なボルドー・ロゼよりも長く、色合いも赤に近いと行っても良いほどルビー色に深みのある特別なものとなります。

味わいも、爽やかな中に赤に近いしっかりとしたコクがあり、酸は控えめでとても魅力的なのみ心地の良い果実感が感じられます。適温は10-12℃。冷やして飲んで下さい。

イギリスでボルドーのことを「クラレット」と呼ぶのも、このクレレが語源となっているのです。

メルロー60%、カベルネ・ソーヴィニヨン25%、カベルネ・フラン15%


ロゼ・ド・トゥーレル

ロゼ・ド・トゥーレルロゼ Bordeaux Rose

Rose de Tourelles 

2009年  ¥2,076 (消費税別途)
発注本数

ロゼ・ド・トゥーレル

ポイヤック村の偉大なグラン・クリュ、CHピション・ロングヴィル・バロンのカベルネ100%からセニエ方式で造られる、スーパー・バリュー・ロゼ。


偉大な赤のピション・バロンを造るために、発酵の途中でジュースの一部を取り出して濃縮度を高めます【=セニエ】が、この時に生まれた、グランクリュ用のロゼ・ジュース仕上げられたのが、このワインなのです。元来1万円以上のワインを造るためのぶどうから育ちの良さは歴然。

上品なサクランボのニュアンスは、アメリカンチェリーというよりもむしろぷっくりとした佐藤錦を彷彿させます。味わいは、ドライな辛口仕上げですが、カベルネの完熟度が高いのでフィニッシュに甘味を連想させる余韻が永く感じられます。とても透明度の高い、ピュアな味わいは、一流グランクリュのぶどうから生まれる育ちの良さがしっかりと現れています。
これは、まさに『バリューボルドー』。


適温は10-12℃。冷やして飲んで下さい。

しかも、2009年は、「完璧な天候」といわれた秀逸ビンテージ。 1990年代からこの地区の名士である、ランシュバージュのオーナー、ジャン・ミッシェル・カーズの経営となり、品質が格段に上がり今やラランドと双肩をなしています。 正当派カベルネらしい、エレガントな香味をぜひお楽しみください。

カベルネ・ソーヴィニヨン100%


前のページに戻る このページのTOPへ