ブルゴーニュワイン赤 
コート・ド・ニュイ地区 モレ・サンドニ村

ワインの王様といわれるブルゴーニュワインですが、その多くはフルーティーで繊細なタイプです。
ボーヌ地区赤ワインのピノ・ノワールは特に果実味に富み梅やサクランボに似た香りが特徴です。偉大なものにはしっかりとした体格を感じさせますが決して重いワインではありません。ボジョレ地区の赤ワインはガメイ種が植えられています。とてもフルーティでラズベリージャムのような風味があります。
なお「ドメーヌ」とは、自家醸造農園主のこと。優良な個性的ワインを造るのは、ほとんどがこのドメーヌ・ワインです。
中世から続くワイン王国そしてブルゴーニュ公国の歴史を感じさせるブルゴーニュワインです。

 ブルゴーニュワインのおさらい   ブルゴーニュ白ワイン   ブルゴーニュ・ロゼワイン 
 コート・ド・ボーヌ地区 赤ワイン   コート・ド・ニュイ地区 赤ワイン  ボジョレとシャロネーズ 赤ワイン 
ビオマーク当店では、有機栽培ワインに「てんとう虫マーク」を付けています。



モレ・サンドニ村

モレ・サンドニ  ドメーヌ レシュノー
Morey St.Denis    Domaine Philippe et Vincent Lechenaut

2015年 ¥6,980 発注本数 本 

ブルゴーニュで今もっとも注目されている生産者が、このレシュノーです。特に毎年このモレ・サンドニは評価が高く人気ワインとなっています。
ニュイ・サンジョルジュに本拠を持ち、幅広い村の畑を持つ、フィリップとヴァンサンの兄弟が仲良く最良のワインを造ります。

現在ニュイ・サンジョルジュに拠点を置くレシュノー兄弟ですが、彼らの父親はモレ・サンドニの出身。それ故モレ・サンドニの畑は古くから所有するもの。テロワールも熟知しています。
村名格ながら、確実に1級に匹敵する品質の高さを持つ、素晴らしい完成度を持つワインです。

とてもバランスが良く、飲みやすく果実の完熟度が高い親しみやすい味わいは、ブルゴーニュを飲み始めの方にも、もちろんワイン通の方にもオススメしやすい逸品。

ピノ・ノワール100%


モレ・サンドニ  デュジャック Fils & Pere
Morey St.Denis

2015年  \6,980(消費税別) 発注本数 本 

2014年  \6,180(消費税別) 発注本数 本 

モレ・サンドニの盟主であるデュジャック。 デュジャック・フィスは、2000年に初リリ−スされた契約栽培農家3家からのぶどうを使って、デュジャック当主ジャック・セイスと長男ジェレミーによって積極的に運営されいる、特別なネゴシアン・ワイン。 自社畑(ドメーヌ)ものと同様の造りである全梗発酵(除梗しない)による素晴らしいワイン。「デュジャック香」と呼ばれる魅力ある香が感じられます。

2003年まではドメーヌものとの差が歴然としていましたが、2004年以降格段の進化を遂げ、自社畑にも迫りながら気軽に楽しめる素晴らしいワインとなっています。2015年は特に秀逸ビンテージ。

 

ジャック・セイス氏(右)と嫁のジェレミー夫人

・・・ところで通常、ブルゴーニュの社名は「ペール・エ・フィス(Pere et Fils = 父と息子)」ですが、「フィス・エ・ペール」としているのは、最初の3年間は父ジャックが主体だが、その後は息子のジェレミーが中心になって運営することになっているため、とのこと。ジェレミーはカリフォルニア・ワインの造り手の娘を妻に迎えて、ますます積極的。今後も大きく飛躍することでしょう。


モレ・サンドニ  ドメーヌ オーディフレッド
Morey Saint-Denis Domaine Audiffred

2013年  \7,680(消費税別) 発注本数 本 

モレ・サンドニ村名格でややジュヴレよりにある「レ・ブラ」(0.04ha)と「バ・シュヌヴリ」(0.02ha)のブレンド。平均樹齢約50年のVV。約18ヶ月間の樽熟成。


重厚なジュヴレと繊細なシャンボールの間にあって、バランスの良いクラシックな味わいがモレ・サンドニの特徴。
メテイヤージュ(分益小作栽培)契約。

オーディフレッドは、ロマネコンティで13年間働いた後(ロマネ・コンティとラ・ターシュの栽培を担当したエース栽培家)に両親の経営するドメーヌを継承。 そして彗星のごとくあらわれたワインは、どれも素晴らしいものばかり。  ただし、きらびやかではなく、素朴にジワッと旨みがあらわれてくる、そんな魅力に溢れる味わいです。


ピノ・ノワール100%


モレ・サンドニ レ・リュショ  ドメーヌ ジャニアール・マルセル
Morey St.Denis 1er Cru Les Ruchot   Domaine Jeaniard Marcel

2001年 ¥5,880 発注本数 本 

熟成したモレ・サンドニのプルミエ・クリュ。

レ・リュショは、斜面中腹でクロ・デ・タールやボンヌ・マールの真下隣に位置する代表的なテロワール。かつて養蜂が行われていたことが「蜂の巣」というクリマ名の由来になりました。とりわけ官能的と表現されています。
15年の熟成を経て、若いフレッシュな果実感も残しつつ角が取れ、大変クラシックな美しさを感じさせるバランスの良い味わいとなっています。


ジャニアール家はフランス革命以前よりぶどう栽培に携わる伝統を誇っています。

2001年はリリースした当初は、タンニンと酸が強い特徴がありましたが、10年の熟成を経て、とても良い状態に変化しました。。 マルセル氏は2004年に引退し、現在は息子のレミ・ジャニアールがドメーヌを継承しています。


ピノ・ノワール100%


モレ・サンドニ クロ・デ・ゾルム  ドメーヌ ジャニアール・マルセル
Morey St.Denis 1er Cru Clos des Ormes   Domaine Jeaniard Marcel

1999年 ¥5,880 発注本数 本 

熟成したモレ・サンドニのプルミエ・クリュ。

レ・リュショは、斜面中腹でクロ・デ・タールやボンヌ・マールの真下隣に位置する代表的なテロワール。かつて養蜂が行われていたことが「蜂の巣」というクリマ名の由来になりました。とりわけ官能的と表現されています。
15年の熟成を経て、若いフレッシュな果実感も残しつつ角が取れ、大変クラシックな美しさを感じさせるバランスの良い味わいとなっています。


ジャニアール家はフランス革命以前よりぶどう栽培に携わる伝統を誇っています。

2001年はリリースした当初は、タンニンと酸が強い特徴がありましたが、10年の熟成を経て、とても良い状態に変化しました。。 マルセル氏は2004年に引退し、現在は息子のレミ・ジャニアールがドメーヌを継承しています。


ピノ・ノワール100%


モレ・サンドニ トリロジー ドメーヌ ユベール・リニエ
Morey-Saint Denis Trilogie Hubert Lignier 

2015年 ¥9,280発注本数 本 

2014年 ¥8,380発注本数 本 


 名手ユベール・リニエが村名格で村の心臓部とも言える極上の3区画と45年〜80年という大変優れた古樹を厳選した特別キュヴェ。
昔ながらの伝統的な製法でつくる、クラシックなスタイルのモレ・サンドニ。
 既に香りが良く開いていて、フランボワーズの完熟した果実香と共に上質ななめし革や動物質のニュアンスも感じられます。果実味が凝縮されたタイプでありながら、重さよりもエレガントさを感じる調和のとれた、味わい深いワインをつくりあげます。大変魅力的風味を残す豊かな余韻。

 

モレ・サンドニの代表的生産家ユベール・リニエ。  後継者ロマン・リニエの急逝により、父ユベールが現役復帰。長兄ローランと力を合わせたワイン。


ピノ・ノワール100%


モレ・サンドニ レ・シャフォ ドメーヌ ユベール・リニエ
Morey-Saint Denis Les Chaffots Hubert Lignier 

2015年 ¥16,800 発注本数 本 

2014年 ¥13,800 発注本数 本 


昔ながらの伝統的な製法でつくする、クラシックなスタイルのモレ・サンドニ。

レ・シャフォは、有名な特級クロ・サンドニの上部斜面にある、別格とも言えるとても優れた1級畑。高部にあるだけ、クロ・ド・ラ・ロッシュよりも若干繊細なキャラクタを持つテロワールとなっています。 正当派で、あくまでもエレガントでバランスの良いワインが生み出されます。 

 

モレ・サンドニの代表的生産家ユベール・リニエ。  後継者ロマン・リニエの急逝により、父ユベールが現役復帰。長兄ローランと力を合わせたワイン。 ピノ・ノワールをぶどうの状態でリュシー&オーギュスト・リニエから仕入れていますが、約0.6ヘクタールの畑は大部分ユベールの所有。


ピノ・ノワール100%


bioモレ・サンドニ   ドメーヌ デュジャック
Morey St.Denis    Domaine Dujac

2015年  ¥9,180 (消費税別) 発注本数 本 

2014年  ¥8,180 (消費税別) 発注本数 本 

ブルゴーニュ本流の味わいをじっくりと味わえるモレ・サンドニ。

果梗まで一緒に発酵する全房発酵を今日も地道に実践する数少ない生産家。コアなマニアの間で高い評価があり、カルト・ドメーヌであるデュジャックの貴重な自社畑村名ワイン。

決して色の濃いワインではありませんが、的確な選別と低温浸漬、適度な樽を使った緻密な構成、繊細かつしっかりとした味わいは、ワインを知り尽くしたセイス氏ならではの賜物でしょう。

デュジャックの特徴は、現在では少数派となる果梗を使って醸しをする造り。よほどキッチリと果実が熟成していないと青臭いエグミが出てしまいますが、デュジャックにかかるとしっかりとした中に繊細で微妙な風味を与えてくれます。

オーナーのジャック・セイス氏は醸造学者の資格を持ち真摯な態度でワイン造りをします。クローンを選別し、低温で長期発酵させてを15ヶ月間樽で熟成させ、フィルターをかけずに瓶詰めされます。


  ピノ・ノワール100%


bioクロ・サンドニ  ドメーヌ  デュジャック
Clos St.Denis   Domaine Dujac

2015年  ¥39,800(消費税別) 発注本数 本 


ブルゴーニュ愛好家の中で、絶大な支持を持つデュジャックの看板ワイン。決して派手さのあるワインではないのですが、深遠な深みのある、そし て感性を刺激し、訴えかけてくる微妙な複雑さ、というのがデュジャックの素晴らしさではないでしょうか?
力強さの中に、冷涼な繊細さが感じられる、感性に訴えかけてくるグラン・クリュが、この『クロ・サンドニ』この畑を所有する生産家は大変少なく、その意味でも貴重な逸品です。
ずいぶんと昔の話になりますが、私内池が学生時代に、自由が丘にあった小さなフランス料理屋でアルバイトをしたことがありました。そんなある時、初めてこのデュジャックのクロ・サンドニを試飲する機会に恵まれ、「何か、今までに味わったことない、上品で不思議な風味」と印象を与えた、いわばワインとの最初の出逢いになりました。(ビンテージは忘れましたが・・・)。

オーナーのジャック・セイス氏は醸造学者の資格を持ち真摯な態度でワイン造りをします。クローンを選別し、低温で長期発酵させてを15ヶ月間樽で熟成させ、フィルターをかけずに瓶詰めされます。
決して色の濃いワインではありませんが、樽を使って密度の濃い、繊細かつしっかりとした構成を持つ味わいは、ワインを知り尽くしたセイス氏ならではの賜物でしょう。
デュジャックの特徴は、現在では少数派となる果梗を使って醸しをする造り。よほどキッチリと果実が熟成していないと青臭いエグミが出てしまいますが、デュジャックにかかるとしっかりとした中に繊細で微妙な風味を与えてくれます。

bioクロ・ド・ラ・ロッシュ ドメーヌ  デュジャック 特級
Clos de la Roche Domaine Dujac

2015年 ¥39,800(消費税別) 発注本数 本 

デュジャックの誇るグラン・クリュ2枚看板のもう一枚といえば、このクロ・ド・ラ・ロッシュの登場となります。

クロ・サン・ドニに比べてジュブレイ・シャンベルタンに近く、デュジャックの中では一番骨太で力強さを感じる堂々たるグラン・クリュになります。
オーナーのジャック・セイス氏は醸造学者の資格を持ち真摯な態度でワイン造りをします。クローンを選別し、低温で長期発酵させてを15ヶ月間樽で熟成させ、フィルターをかけずに瓶詰めされます。
決して色の濃いワインではありませんが、樽を使って密度の濃い、繊細かつしっかりとした構成を持つ味わいは、ワインを知り尽くしたセイス氏ならではの賜物でしょう。

デュジャックの特徴は、現在では少数派となる果梗を使って醸しをする造り。よほどキッチリと果実が熟成していないと青臭いエグミが出てしまいますが、デュジャックにかかるとしっかりとした中に繊細で微妙な風味を与えてくれます。


クロ・ド・ラ・ロッシュ  ドメーヌ ユベール・リニエ
Clos de la Roche Cuvée Domaine Hubert Lignier   Grand Cru
2015年  \42,800(消費税別) 発注本数 本 

 モレ・サンドニ村の特級畑。ロッシュとはフランス語で石の意味で、至る所に石がある水はけの良い土壌です。

モレ・サンドニを代表する造り手の、ユベール・リニエ。
リニエ最高の畑だけでなく、ブルゴーニュを代表するグランクリュ、クロ・ド・ラ・ロッシュ。
 力強く、エレガントで長い余韻は最高級のワインのみに感じられる偉大な存在感。
ユベール・リニエの評価を高めた立役者ともいえる後継者ロマン・リニエの急逝により、復帰した父ユベールと長兄ローランによる作。
2015年は21世紀になって最高のピノ・ノワールヴィンテージ、と評価されています。


ピノ・ノワール100%


クロ・ド・ラ・ロッシュ  古樹厳選 ドメーヌ ポンソ
Clos de la Roche Cuvée Vieilles Vignes    Grand Cru
2013年  \67,800(消費税別) 発注本数 本 
2001年  \67,800(消費税別) 発注本数 本 

 モレ・サンドニ村の特級畑。ロッシュとはフランス語で石の意味で、至る所に石がある水はけの良い土壌です。

ポンソのクロ・ドラ・ロッシュはその中でも最高峰の逸品。生産量も極少で入手困難。

彼特有の「新樽を使用しない」醸造により土壌とブドウの力を最大限に導き出した傑作です。

 力強さと繊細さ、偉大なバランスが生みだす傑作が毎年極僅かだけ生産されます。

15年の熟成を経て蔵出しリリースされた超貴重品2001年と最新の2013年。


近年のポンソに対する世界的な評価は、モレの中でも格別な存在となって確立されています。

アメリカでニセモノ騒動がありましたが、その騒動がポンソのワインを更に有名にするきっかけにもなりました。


ピノ・ノワール100%


クロ・ド・タール
Clos de Tart Grand Cru 

2015年  ¥59,800(消費税別) 発注本数 本 


シトー修道会のタール修道女院が1141年から所有して以来、900年間常に単独所有されてきた、モレ・サンドニの最も偉大なグラン・クリュ。 中世以来単独所有された味わいは、多くが細分化されてしまった現代の多くのグランクリュとちがう、本来の味わいを今に伝える重要なワインと言えます。

 

おそらくクロ・ド・ベーズと同時代というので600年代からベネディクト派により開墾されたと言われています。 平均樹齢60年、一部は100年を超えるという古い樹齢を誇ります。 クロ・ド・タールの卓越した凝縮感と複雑な存在感は、偉大なグランクリュだけがもつ、素晴らしい風味となって開花します。時として白トリュフのニュアンスも。非常に厳格なキャラクターは、テロワールからか、生産者の意志によるものか・・・。

 

果梗の質や成熟度に応じて、除梗の範囲を決めています。熟成はピエスと呼ばれる228Lのオークの新樽で16カ月半。

 


ピノ・ノワール100%


シャンボールミュジニー村  フィクサンとジブレ・シャンベルタン村  ヴジョ村

ヴォーヌ・ロマネ村   ニュイ・サンジョルジュ村

コート・ド・ボーヌ地区赤ワインはここをクリック

コート・シャロネーズ地区とボジョレー地区はこちら


前のページに戻る このページのTOPへ