ブルゴーニュワイン 赤 コート・ド・ボーヌ地区
ポマール村 ヴォルネイ村 オークセイデュレス村 サントネイ村

ワインの王様といわれるブルゴーニュワインですが、その多くはフルーティーで繊細なタイプです。
ボーヌ地区赤ワインのピノ・ノワールは特に果実味に富み梅やサクランボに似た香りが特徴です。偉大なものにはしっかりとした体格を感じさせますが決して重いワインではありません。ボジョレ地区の赤ワインはガメイ種が植えられています。とてもフルーティでラズベリージャムのような風味があります。
なお「ドメーヌ」とは、自家醸造農園主のこと。優良な個性的ワインを造るのは、ほとんどがこのドメーヌ・ワインです。
中世から続くワイン王国そしてブルゴーニュ公国の歴史を感じさせるブルゴーニュワインです。

 ブルゴーニュワインのおさらい   ブルゴーニュ白ワイン   ブルゴーニュ・ロゼワイン 
 コート・ド・ボーヌ地区 赤ワイン   コート・ド・ニュイ地区 赤ワイン  ボジョレとシャロネーズ 赤ワイン 
ビオマーク当店では、有機栽培ワインに「てんとう虫マーク」を付けています。



ブルゴーニュ コート・ド・ボーヌ地区 

■ポマール Pommard

ボーヌ地区の中でも有名人 しっかりとした骨組みと果実味が特性
ポマール  トロワ・フォロ   メゾン・シャントレーヴ
Pommard Trois Follots Maison Chantereve

2015年  \6,580(消費税別) 発注本数 本 

 男性的な果実感のピノ・ノワールの魅力を充分に感じさせる典型的ポマール。
トロワ・フォロはポマールで最も高名なプルミエ・クリュ『レ・リュジアン』に隣接した大変に優れた村名格の単一区画。力強さと上品さを兼ね備えたテロワール。


CHANTEREVES は、ドイツのラインガウはアルテンキルヒ醸造所で4年間、リースリングとシュペート・ブルグンダーの栽培と醸造を手がけてきた栗山朋子さんとサヴィニー・レ・ボーヌのドメーヌ・シモン・ビーズでシャルドネとピノ・ノワールの醸造を手がけるギヨーム・ボットが、ブルゴーニュにて設立した注目のプチ・ネゴス・ワイナリー。

ピノ・ノワール100%


ビオマークポマール クロ・デ・プチュール ドメーヌ ハイツ・ロシャルデ
Pommard Clos des Poutures Monopole Domaine Heitz-Lochardet

2013年  ¥9,580 (消費税別) 発注本数 本 

ブルゴーニュで男性的な力強さが個性のポマール。ハイツ・ロシャルデは、あくまでも繊細なスタイルで淡い色調の上品な仕上がり。その繊細なタッチの奥底に強靱なポマールらしさが表現されています。
 シャサーニュ村出身で最も将来性が期待される若き生産者ハイツ・ロシャルデ。19世紀末以来畑を所有していたロシャルド家の若き当主が、最上の自社畑でドメーヌ・ワイン醸造を始めました。

2016年3月ボーヌのイヴェントで初お目見えとなり、その颯爽としたスーツ姿にいかにも良家の坊といった雰囲気でしたが、普段はジーンズで畑仕事にいそしんでいる、とのことでした。


上質のプルミエクリュならではの凝縮されたエレガンスが感じられる逸品です。
 ビオディナミで丁寧に育てられた畑のブドウは以前から高く評価され、ジョセフ・ドルーアンが最高の待遇で購入されていたもの。
2013年のこのビンテージが待望のファースト・ビンテージ。
 このワインは、将来貴重な最初の作品として記憶されることになるでしょう。

ピノ・ノワール100%


ポマール レ・ゼプノ ドメーヌ パラン
Pommard Les Epnots Domaine Parent

2010年  ¥10,800 (消費税別) 発注本数 本 

ブルゴーニュで最も有名なポマール村の2つの有名な1級畑のひとつレ・ゼプノ。
深い樽香と共にサクランボやキイチゴを思わせる品の良い凝縮した力強い果実味。充分なコクの中に繊細さを感じさせる口当たり、長い余韻が見事です。
伝統的なコート・ド・ボーヌ地区のブルゴーニュワインを代表する逸品です。 パランは、歴史に残るアメリカ大統領トマス・ジェファーソンが愛飲したことでも知られるブルゴーニュの銘家。
クラシックな造りを現代に継承しています。

ピノ・ノワール100%


ポマール リュジアン・バ 1級 ドメーヌ ミッシェル・ゴヌー
 
Pommard 1er. cru Rugiens Bas Domaine Michel Gonoux  

2014年 \12,800 発注本数 本 

男性的な力強い味わいが魅力のポマール。ポマールの数ある畑の頂点に君臨するのがこのリュジアン。
ゴヌーがリュジアンに所有するのは、特級並みに優れるといわれる、斜面下の部分のリュジアン・バ。鉄分が多く、褐色を帯びた土壌が、ワインに独特のニュアンスと長期熟成のポテンシャルを与えます。


有名ながら良いワインを見つけるのが難しい代名詞のようなポマール。そんな中で派手さはありませんが無骨なまでに古典的な造りで本物の良さが時間をかけてゆっくりと出てくるのがミッシェル・ゴヌー。当主ミッシェルは惜しまれながら世を去りましたが夫人とミスター・ビーンのローワン・アトキンソンによく似た、息子のアレクサンドルが昔と変わらぬ素晴らしいクラシックなワインを造りあげています。

ピノ・ノワール100%


ポマール グランゼプノ 1級 ドメーヌ ミッシェル・ゴヌー
Pommard 1er. cru Grands Epenots Domaine Michel Gonoux

2001年 \13,800 発注本数 本 

男性的な力強い味わいが魅力のポマール。


ミシェル・ゴヌーの代表作ポマール村の2つの有名な1級畑のひとつグランゼプノのワイン。


深い樽香と共にサクランボやキイチゴを思わせる品の良い凝縮した果実味。充分なコクの中に繊細さを感じさせる口当たり、長い余韻が見事。伝統的なコート・ド・ボーヌ地区のブルゴーニュワインを代表する逸品です。


有名ながら良いワインを見つけるのが難しい代名詞のようなポマール。そんな中で派手さはありませんが無骨なまでに古典的な造りで本物の良さが時間をかけてゆっくりと出てくるのがミッシェル・ゴヌー。


当初固かった2001年が15年の熟成を経て円熟し、ゴヌーの魅力をたっぷりと堪能することが出来る、貴重なワインです。

当主ミッシェルは惜しまれながら世を去りましたが夫人とミスター・ビーンのローワン・アトキンソンによく似た、息子のアレクサンドルが昔と変わらぬ素晴らしいクラシックなワインを造りあげています。

ピノ・ノワール100%


ポマール ペリエール 赤 ドメーヌ ジャン・ミシェル・ゴヌー
Pommard Les Perrieres Domaine Jean-Michel Gonoux

1982年 ¥17,800 (消費税別) 発注本数 本 

ブルゴーニュの貴重なオールド・熟成ヴィンテージ。 ポマールはコート・ド・ボーヌを代表する村で、力強い男性的なストラクチャが魅力の味わい。

 ペリエールはボーヌに隣接する国道の上側に位置する単一区画。 ジャン・ミシェル・ゴヌーは、ボーヌの名門ゴヌーの一族でムルソーを本拠地としています。 樹齢40年から50年に達するヴィエーユ・ヴィーニュで、畑でしっかり選別し、収量を抑える。100%除梗し、アレクサンドルの祖父の代から使用している開放の木製発酵槽での長いキュヴェゾンとなっています。

こうした30年以上の熟成ヴィンテージをドメーヌで保管しているのも魅力のひとつ。

ピノ・ノワール100%

■ヴォルネイ Volnay

繊細さ、果実香、そして複雑さが見事に調和した土壌


ヴォルネイ サン・フランソワ  ドメーヌ ロブレ・モノ
Volnay Saint Francois Domaine Roblet-Monot

2012年  \6,180 (消費税別) 発注本数 本 

 ヴォルネイで彗星のごとく話題になった新進気鋭の生産家が、このロブレ・モノ。祖父の代から除草剤を使わなかった健全な畑から、瑞々しいヴォルネイの個性溢れるワインが生まれます。

グラスに顔を寄せた時から、まさにブルゴーニュの土地の香りが漂ってきます。そして、 クリスタルのような純粋な果実香が続きます。土壌の生み出す繊細なタッチが結びついたバランスの良いヴォルネイです。

2012年はブルゴーニュの偉大なビンテージ。


ピノ・ノワール100%


ヴォルネイ    メゾン・シャントレーヴ
Volnay Village Maison Chantereve

2014年  \6,580(消費税別) 発注本数 本 

コート・ド・ボーヌ地区で最も繊細でエレガントなスタイルに仕上がるのがヴォルネイ村 。
素直で可憐なピノ・ノワールの魅力を充分に感じさせる典型的なヴォルネイ。


この2014年から無除梗の全房発酵となりました。

有機栽培で丁寧に育てられたLuret(ムルソー寄り)とGrands Poits, Petits Poits(ポマール寄り)の3区画から造ります。僅か4樽で1,200本ほどの生産量。
CHANTEREVES は、ドイツのラインガウはアルテンキルヒ醸造所で4年間、リースリングとシュペート・ブルグンダーの栽培と醸造を手がけてきた栗山朋子さんとサヴィニー・レ・ボーヌのドメーヌ・シモン・ビーズでシャルドネとピノ・ノワールの醸造を手がけるギヨーム・ボットが、ブルゴーニュにて設立した注目のプチ・ネゴス・ワイナリー。

ピノ・ノワール100%


ヴォルネイ レ・リュレ    メゾン・シャントレーヴ
Volnay Les Lurets Maison Chantereve

2015年  \6,580(消費税別) 発注本数 本 

コート・ド・ボーヌ地区で最も繊細でエレガントなスタイルに仕上がるのがヴォルネイ村 。
素直で可憐なピノ・ノワールの魅力を充分に感じさせる典型的なヴォルネイ。


この2014年から無除梗の全房発酵となりました。

有機栽培で丁寧に育てられたLuret(ムルソー寄り)単独区画から造ります。僅か4樽。


CHANTEREVES は、ドイツのラインガウはアルテンキルヒ醸造所で4年間、リースリングとシュペート・ブルグンダーの栽培と醸造を手がけてきた栗山朋子さんとサヴィニー・レ・ボーヌのドメーヌ・シモン・ビーズでシャルドネとピノ・ノワールの醸造を手がけるギヨーム・ボットが、ブルゴーニュにて設立した注目のプチ・ネゴス・ワイナリー。

ピノ・ノワール100%


ヴォルネイ プルミエ・クリュ シャンパン   ドメーヌ ブラン・ガニャール
Volnay 1er Cru Champans Domaine Blain Gagnard

2014年  \7,380(消費税別) 発注本数 本 

「コート・ド・ヴォーヌのエレガンス」、と表現される上品で繊細なキャラクターを持つヴォルネイ。
そのヴォルネイの中でもシャンパンは中央部斜面にあり、繊細の極みとも言える上品なクリマ(区画)。最上の絹糸のような、輝きと線の細さと美しさをもつ、ヴォルネイらしさがとても表現された、果実香と複雑さをもつ逸品です。


若くしてもその才能を発揮し、熟成してさらに輝きを増す素晴らしいワインになることでしょう。
ブラン・ガニャールは、シャサーニュの名門一家で白だけではなく、ポマール、ヴォルネイも所有して、高品質な赤を造り上げます。


あくまでも繊細で質の高いピュアな果実感を感じさせる上品なつくり。 適度でフレッシュな酸が心地よさを引き立てます。

ピノ・ノワール100%


ヴォルネイ プルミエ・クリュ シャンパン   ドメーヌ マルキ・ダンジェルヴィル
Volnay 1er Cru Champans Domaine Marquis d'Angerville

2014年  \16,800(消費税別) 発注本数 本 

コート・ド・ボーヌの魅力的な赤を生み出す銘醸地がヴォルネイ。繊細でエレガントな個性が魅力です。


そのヴォルネイの中でもシャンパンは繊細の極みとも言える上品なクリマ(区画)。最上の絹糸のような、輝きと線の細さと美しさをもつ、ヴォルネイらしさがとても表現された、果実香と複雑さをもつ逸品です。

若くしてもその才能を発揮し、熟成してさらに輝きを増す素晴らしいワインになることでしょう。 銘醸家の宝庫ヴォルネイ村の中でも1804年以来の歴史を持ち、一目置かれているワイン貴族マルキ・ダンジェルヴィルは、ワイン法成立に尽力するなど常にヴォルネイの最高品質を追求してきました。2009年以降有機自然栽培ビオディナミを実践。

ピノ・ノワール100%


ヴォルネイ・タイユピエ   1級 ドメーヌ ド・モンティーユ
Volnay 1er. cru Les Taillepieds Domaine Roblet-Monnot

2011年  \9,580(消費税別) 発注本数 本 

コート・ド・ヴォーヌで最も繊細な個性を放つヴォルネイの注目すべきプルミエ・クリュ。
パスカル・ロブレ・モノは、新進気鋭の若手生産家ですが、祖父の代から除草剤を使わなかった健全な畑から、瑞々しいヴォルネイの個性溢れるワインが生まれます。


タイユ・ピエは、繊細なヴォルネイの中ではストラクチャをしっかりと感じる堂々たるプルミエ・クリュ。クリスタルのような純粋な果実香と、土壌の生み出す繊細なタッチが結びついたバランスの良いヴォルネイです。

ピノ・ノワール100%


ヴォルネイ・タイユピエ   1級 ドメーヌ ド・モンティーユ
Volnay 1er. cru Les Taillepieds Domaine de Montille

2012年  \16,800(消費税別) 発注本数 本 

コート・ド・ボーヌ地区ヴォルネイ村のワイン貴族ドメーヌ・ ド・モンティーユが造る1級畑「タイユピエ」。

ヴォルネイの中でも一際有名な造り手が、モンティーユ。当主エティエンヌは、パリで弁護士をする傍ら、有機栽培を積極的に進め、現在はブルゴーニュのビオディナミ生産者 グループの第一人者。

話題となったドキュメンタリー映画「モンドヴィーノ」でブルゴーニュ・テロワール派の代表として、大量生産のワインに対抗して登場したのが、このモンティーユであったことを記憶している方も多いかと思います。

モンティーユ家では代々頑固で愚直なまでにまじめなつくりをしています。そのために、研ぎ澄まされた果実感がありながら、タンニンもしっかりとした、長命で芯のあるワインを産出します。長期の樽熟成を経て、緻密で構成力を感じる完成度の高いワインです。

特にタイユ・ピエはモンティーユの代表作で、繊細なヴォルネイの中ではストラクチャをしっかりと感じる堂々たるプルミエ・クリュ。
熟成させることで実力を発揮する古典的なワイン。

ピノ・ノワール100%


ヴォルネイ キュヴェ・ジェネラル・ミュトー オスピス・ド・ボーヌ  
Volnay Santonot Cuvée Générale Muteau  

2011年 \11,800(消費税別) 発注本数 本 

11月第三週の土・日・月曜日は「栄光の3日間」と呼ばれるブルゴーニュ最大のお祭りが催されます。
その3日間の中で日曜日に開催され、世界中のワイン関係者が注目するのが「オスピス・ド・ボーヌ」のオークション。中世以来続く伝統でオスピス(カトリック施療院)を運営するためのワイン競売が実施されます 。これは単なるオークションだけでなくその年のブルゴーニュワイン全体の相場もこの時に決定される、という重要な行事。

1443年にこのオテル・デューを創設したのはブルゴーニュ王国の財務長官を勤めていたニコラ・ロランでした。

彼はこのオスピスのための永続的な基金を生み出すために同時に自分の私有葡萄園を寄贈し同じ事を人々にすすめました。

 キュヴェ・ジェネラル・ミュトーは、ヴォルネイの中で、ブアン・カイユレ、ラ・カイユレ・スー・ラ・シャペル、フレミエ、タイユ・ピエ、ル・ヴィラージュの計1.7haで作るキュヴェ。

1977年にアンドレ・ポルシュレ氏がオスピス・ワインの監督をするようになって以来、産量をヘクタール当たり35ヘクトリットルまでに減らしました。
22名の専従耕作者が雇われ、ブドウの樹の手入れと施肥(乾燥有機肥料)は厳しくコントロールされている。除草剤は使わず、剪定もおろそかにされていないなど、その名声に違わぬ品質管理がされています。

ピノ・ノワール100%

ヴォルネイ クロ・デュ・シャトー・デュック  ドメーヌ ラファルジュ
Volnay 1er. cru Clos du Chateau des Duc  Domaine Michel Lafarge

2005年  \16,800 (消費税別) 発注本数 本 

 ヴォルネイ村は優秀な造り手の宝庫ですが、屈指の銘醸家がラファルジュであることに疑う余地はありません。
クロ・デュ・シャトー・デュックは、ラファルジュが誇る、極上のプルミエ・クリュ。村の北部最良区画に僅か0.5haだけある独占所有畑は、その名の示す通りブルゴーニュ大公(DUC)のシャトーに由来しています。その当時には瀟洒なシャトーもありましたが、建物は1749年火災によって焼失されてしまいました。

ふくよかで柔らかなタッチの中に、しっかりとした中心線がきれいに感じられる、ブルゴーニュの神髄が味わえます。 繊細なヴォルネイの特質を最も良く持つヴィロードのような上品な味わいを持つ銘酒です。

ラファルジュは「ブルゴーニュの豊かさは、テロワールと小規模生産者の個性から生まれる」と、1959年以降は全てドメーヌ元詰め、という現代のスタイルを40年以上前から実践している、伝統ある本格的生産者なのです。


ピノ・ノワール100%

■ムルソー Meursault

ほぼ生産されない希少な赤ワイン

ムルソー レ・デュロ ドメーヌ ピエール・モレ 
Meursault Les Durots Domaine Pierre Morey

2010年 \4,180 発注本数

ムルソーにおいて1%以下の生産しかない、大変希少なピノ・ノワールから生まれる赤ワイン。

 レ・デュロの畑はヴォルネイにほど近い村名格で、斜面下の鉄分の多い赤土の表土が深く、ふくよかなピノ・ノワールを生み出す赤向きの土壌になっています。

 ムルソーでは数百年前は赤も同じくらい造られていました。 現在では、ごく一部の歴史を持つ生産者がわずかに生産をする程度で、その中でもほどんどは現地のレストランなどに販売されております。


この畑でも、ピエール・モレが白を造れば、30%以上高く販売できることは間違いないのですが、赤土の多いテロワールを重視して敢えてピノ・ノワールを植えているところに職人としての男気を感じさせます。

ピエール・モレでは、有機自然栽培である、ビオディナミを実践しています。もちろん、中途半端なビオ臭とは全く無縁な、クリアーなワイン。


シャルドネ100%

■シャサーニュ・モンラッシェ Chassagne Montrachet

果実香にあふれたスタイル、実は赤ワインも名産地

シャサーニュ・モンラッシェ  ドメーヌ ブラン・ガニャール
Chassagne Montrachet   Domaine Blain Gagnard

2014年  \3,880 (消費税別) 発注本数 本 

 有名な白ワイン銘醸地としての名声の陰に隠れていますが、実は大変に優れた赤ワインを生み出すのがシャサーニュ・モンラッシェ村。 しかもコート・ド・ボーヌで最もコストパフォーマンスが高い魅力的なピノ・ノワールを楽しめます。

 

大変に繊細でフルーティーな果実感が楽しめる、赤ワイン。大量生産型のメーカーがこの名前で市場に出すことをしないせいか、ブルゴーニュの赤ワインの中でも、最もハズレの少ないのが、シャサーニュの赤でしょう。

ピノ・ノワールの上質な魅力が充分に感じられます。 シャサーニュ・モンラッシェは、コート・ド・ボーヌ南部の銘醸地で白ワインで有名ですが、実は生産量の半分はピノ・ノワールによる赤、しかも大変上質です。 生産者ジャン・ノエル・ガニャールは、この村を代表する伝統的な生産者。多くの三つ星レストランが取り扱っている正当派です。 ぜひエレガントでピュアな果実感をお楽しみください。

 

ピノ・ノワール100%


シャサーニュ・モンラッシェ キュヴェ・レスティメ ドメーヌ ジャン・ノエル・ガニャール
Chassagne Montrachet "L'Estimée"  Domaine Jean-Noel Gagnard

2014年  \4,780 (消費税別) 発注本数 本 

 有名な白ワイン銘醸地としての名声の陰に隠れていますが、実は大変に優れた赤ワインを生み出すのがシャサーニュ・モンラッシェ村。

 

大変に繊細でフルーティーな果実感が楽しめる、赤ワイン。大量生産型のメーカーがこの名前で市場に出すことをしないせいか、ブルゴーニュの赤ワインの中でも、最もハズレの少ないのが、シャサーニュの赤でしょう。

ピノ・ノワールの上質な魅力が充分に感じられます。 シャサーニュ・モンラッシェは、コート・ド・ボーヌ南部の銘醸地で白ワインで有名ですが、実は生産量の半分はピノ・ノワールによる赤、しかも大変上質です。 生産者ジャン・ノエル・ガニャールは、この村を代表する伝統的な生産者。多くの三つ星レストランが取り扱っている正当派です。 ぜひエレガントでピュアな果実感をお楽しみください。

 

ピノ・ノワール100%


シャサーニュ・モンラッシェ レ・シャンガンドメーヌ ジャン・マルク・モレ 
Chassagne Montrachet Les Champ-Gains Domaine Jean-Marc Moret 

2012年 \5,880 発注本数 本 

 村の中心部の中腹という、絶好の立地にあるプルミエ・クリュのシャン・ガン。白でも、赤でも大変に優れたワインができる注目のプルミエ・クリュ格付け畑です。
フレッシュな果実感が柔らかく、フワッと口に広がるようで、今すぐに飲んで充分に美味しく、上品な余韻が楽しめます。
モレィ家はシャサーニュ・モンラッシェに深いルーツを持つ歴史の長い名門家族。父親であるアルベール・モローは退職を機に彼の所有する畑を2人の息子(ジャン=マルクとベルナール)に分け与えました。ジャン=マルク・モレィは1981年に自身のドメーヌを設立。

醸造方法は伝統的。自然酵母のみを使用しています。ピノ・ノワールは、100%除梗の後、セメントタンクで発酵と醸しを行います。赤ワインも複雑味と滑らかさを引き出すために澱と共に樽で熟成。新樽比率は1/4。

ピノ・ノワール100%


Auxey Duresses et Saint Romain
オークセイデュレスとサンロマン

標高の高い畑から、繊細な果実香に富む隠れた名品が生まれます


オークセイデュレス   ドメーヌ アニエス・パケ
Auxey Duresses Domaine Agnes Paquet
2012年  \4,380 (消費税別)   発注本数 本 

 若手女性美人生産家による、大変に注目すべき清冽新鮮果実オークセイ。 コート・ド・ボーヌの標高の高い冷涼な斜面に広がるのが、オークセイ・デュレス。

特にパケの所有区画は「レ・ゾー」と呼ばれる最南端ながら標高が高く、急斜面で石灰質が多い土壌。 ポンプの使用を中止することにより、酸化の少ない醸造を取り入れています。
繊細で可憐な果実感を持つスタイルに仕上がるのが、特徴です。

コート・ド・ボーヌの標高の高い冷涼な斜面に広がるのが、

樽熟成12ヶ月(新樽15%)

ピノ・ノワール100%

オークセイデュレス ムーラン・オー・モワーヌ ヴィエイユ・ヴィーニュ ドメーヌ クロ・デュ・ムーラン・オー・モワーヌ
Auxey Duresses Clos du Moulin aux Moine
2011年  \5,480 (消費税別)   発注本数 本 

 この歴史的にもっとも古い区画は何と西暦962年にクリュニー派の修道僧によって開墾され、その後シトー派に受け継がれました。中世ブルゴーニュの黄金期にワインを生み出し続けた由緒ある貴重な畑。

2008年から元々はホテル経営をしていたアンドリュー家が所有するに至って、細部まで贅を尽くした管理・醸造がされるようになりました。現在はビオディナミによって、また馬による丁寧な畑仕事がされています。

特にこのクリマ(区画)は、ドメーヌ名にもなっている単独所有畑。 ヴィエイユ・ヴィーニュは、1950年に植樹された60年以上の樹齢を誇る特別なブドウのみから醸造された特別品。
味わいはいかにもコート・ド・ボーヌ高地斜面らしい、木イチゴのピュアで繊細な果実感に満たされています。

コート・ド・ボーヌの標高の高い冷涼な斜面に広がるのが、オークセイ・デュレス。 2012年5月、リーデル社が発表する新・ブルゴーニュグラスのプロモーションがあり、リーデル社が選ぶ「6つの素晴らしいドメーヌ」に選ばれました。

樽熟成15ヶ月(新樽20%)

ピノ・ノワール100%

サン・ロマン スー・ロシュ ドメーヌ シャソルネ
Saint - Romain  Sous-Roche

2013年 \6,180(消費税別) 発注本数 本 

有機自然栽培を代表する生産家がこのドメーヌ・シャソルネ。
標高400メートルの高地にある見事な斜面と小さな村、サン・ロマン。繊細で綺麗な酸が魅力です。
有名なアペラシオンに比べて、成熟に時間がかかり、収穫が遅くなるのも特徴。有機自然栽培を代表する生産家がこのドメーヌ・シャソルネ。
当主フレデリック・コサールが造り出すワインには、数多くの信者がいます。
ノンフィルターで澱も一緒に瓶詰めするワインは、瓶熟成の間にも旨みが増えてくるようです。繊細でミネラルたっぷりのサン・ロマン。

ピノ・ノワール100%


オークセイデュレス レ・クレ ドメーヌ シャソルネ
Auxey Duresses Les Crais
2013年 \7,380(消費税別) 発注本数 本 

オークセイはムルソー村の斜面を登った場所にあり、標高が高く、ボーヌよりも常に2℃程気温が低いのが特徴。冷涼な土地柄、繊細な果実感のあるワインが生まれます。 大変繊細で瑞々しい果実感が魅力です。

冷涼な中にも、シャブリのような固く引き締まった形と違う、繊細な柔らかさを内包するのが、場所的にムルソーにも近いオークセイの個性です。

2013年は、今までのシャソルネに比べると酸がグッと穏やかになり、飲み心地が優しく親しみやすさが増しました。
有機自然栽培を代表する生産家がこのドメーヌ・シャソルネ。


当主フレデリック・コサールが造り出すワインには、数多くの信者がいます。
ノンフィルターで澱も一緒に瓶詰めするワインは、瓶熟成の間にも旨みが増えてくるようです。

ピノ・ノワール100%

Santenay et Marangesサントネイとマランジュ 

豊かな果実香に富む楽しい土壌


サントネイ ラ・コム シャトー・ド・サンントネイ
Santenay La Comme 1er. cru Chateau de Santenay

2015年  ¥4,280 (消費税別) 発注本数 本 


シャサーニュの境界すぐ南側にある、標高280メートル付近の絶好の東向き斜面渓谷に位置する、サントネイのプルミエ・クリュ主に粘土質土壌で力強さがあります。「コム」は、シャサーニュに面した「渓谷」のこと。 サントネイには、コート・ド・ニュイと共通する石灰岩基盤があり、品質を高めています。

 伝統と現代の技術が調和した製法で、4日間の低温浸漬、木製発酵槽、泡酸素供給、12ヶ月間のオーク樽熟成などが採用されています。

 シャトー・ド・サントネイは、中世ブルゴーニュ大公国初代領主フィリップ・ル・アルディ(勇猛公)の居住した由緒正しき豪華なシャトー。ピノ・ノワール純粋令を発布したことでも有名で、ワイン史への貢献度も大変に高い公爵です。 現在は、フラン農業銀行が出資して最高の機材を導入してクリーンな環境、最先端の技術で高品質なワインを生み出す、注目を浴びる存在となっています。

”カリテ・フランス”と”テラ・ヴィティス”の認証を受けたビオロジック栽培を実践しています。

ピノ・ノワール100%


サントネイ ヴィエイユ・ヴィーニュ ドメーヌ シュヴロ
Santenay Domaine Chevrot

2013年  ¥3,280 (消費税別) 発注本数 本 

リッチな果実感の中に、エレガントさを内包するサントネイ。
繊細な香り、柔らかなタッチと砂糖漬け果実のコンフィを連想させる豊かなフルーツが口の中で広がります。


コート・ドール地区最南端で、最近村名を認められたマランジュ村で最も注目を浴びつつある生産家がこのシュヴロ。
有機栽培で馬を使った耕作など、丁寧にワインを造ります。


シュヴロ家の長男のパブロは、ディジョン大学で生物学と栽培環境学のディプロムを取得後、ボルドー大学でワイン醸造士国家資格を取得。2002年7月よりドメーヌのワイン造りに参加し、2003年よりボーヌのCFPPA(農業及びワイン醸造専門学校)でも非常勤講師として醸造学を教えています。パブロの妻かおりは、日本人でボルドー大学に学び、パブロと知り合い結婚しました。
ピノ・ノワール100%


マランジュ フュシエール ドメーヌ シュヴロ
Maranges 1er. Cru La Fussiere  Domaine Chevrot

2010年  \4,180 (消費税別)   発注本数 本 

コート・ドール地区最南端で、最近村名を認められたマランジュ村で最も注目を浴びつつある生産家がこのシュヴロ。
有機栽培で馬を使った耕作など、丁寧にワインを造ります。

マランジュは、しっかりとした果実感が信条。長期熟成ができる素晴らしい可能性を持った、コクのあるワインです。ただしその中でもこのプルミエ・クリュ「フュシエール」は、丘陵の上部斜面に位置する比較的冷涼な畑。繊細さも併せ持つ上品な仕上がりとなります。

4〜5日間微調整されたタンクで低温発酵のあと、伝統的な醸造方法で醸造され、15ヵ月間樫樽で熟成されます。

新進気鋭の生産家である長男のパブロは、ディジョン大学で生物学と栽培環境学のディプロムを取得後、ボルドー大学でワイン醸造士国家資格を取得。2002年7月よりドメーヌのワイン造りに参加しました。2003年よりボーヌのCFPPA(農業及びワイン醸造専門学校)でも非常勤講師として醸造学を教えています。パブロの妻かおりは、日本人でボルドー大学に学び、パブロと知り合い結婚しました。

ピノ・ノワール100%


ブルゴーニュワインのおさらい

 


前のページに戻る このページのTOPへ