産地で選ぶ

ワイン雑誌

57件の商品がございます。

ヴィノテーク 2019年12月号 No.480

販売価格: 1,400 円 (税別)

世代交代によるシャンパーニュの変化

ヴーヴ・クリコ、ペリエ・ジュエ、パイパー・エドシック、ボランジェ、ランソン、ビルカール・サルモン、ローラン・ペリエ、ポメリー、アンリ・ジロー。シェフ・ド・カーヴの交代、新世代へのバトンタッチによって何が起きているのかを探る。
数量:

在庫: 残りあと 2

ヴィノテーク 2019年11月号 No.479

販売価格: 1,400 円 (税別)

11月といえばボジョレ。でもヌーヴォではなく、クリュ・ボジョレがテーマ! 地質学者でもある坂本雄一さんがボジョレの畑を歩き、スコップで掘り、複雑で多様なテロワールを徹底調査。クリュ・ボジョレを地質学から探ってみたら、驚くほどおいしいワインに出合えた!地質図、地形図付き。
数量:

在庫: 残りあと 2

ヴィノテーク 2019年10月号 No.478

販売価格: 1,400 円 (税別)

日本ワイン特集 現地取材:佐々木 賢 安田まり 庄野純子 稲垣敬子北海道 道南地方が騒がしくなってきた新規就農も続々 余市を訪ねて   弘津ヴィンヤード/キャメルファームワイナリー北海道の可能性を広げるグランポレール岩見沢発 北海道のワインの”今”を発信する震源地
数量:

在庫: 残りあと 2

ワイナート 2019年 秋号 No.96

販売価格: 1,800 円 (税別)

「スーパータスカン2.0」
四半世紀の時空を越えて
いま再評価される、その理由

呼称を捨てたワイン、スーパータスカンとは

【ワイナリー取材】
Area.1:キャンティ地区
アンティノーリ/モンテヴェルティーネ/イゾレ・エ・オレーナ/フォントディ/カステッロ・ディ・アマ/カステッロ・ディ・フォンテルートリ

Area.2:ボルゲリ・モンタルチーノ地区
テヌータ・サン・グイド/オルネッライア/マッセート/レ・マッキオーレ/ルーチェ・デッラ・ヴィーテ


取材先 生産者のワイン 現地試飲コメント59本

イタリアの味覚と日本の嗜好を知りつくす
ヴェリッティ&ヴェリッティセレクション
フェルシナ/レ・プピッレ

モンタルチーノで光を放つ、高貴なる新星

とどまるところを知らぬイタリア銘醸地での果敢なる挑戦

【現地レポート】
ウィーンから国境へ 自由なスタイルを味わう オーストリアワインの旅


・熟成によるマジック 第2のプレニチュードとは何か
・類稀なるシャンパーニュを造るという 創業者の夢を再現して167回

・Chablis in TOKYO 多彩なシャブリ ペアリングの新提案

・ブルゴーニュの新宝島 知られざるアペラシオンの醍醐味

・バイザグラスが嬉しい!新名所で楽しむフランチャコルタ

・歴史的建造物で崇高なるリオハを味わう

・高標高産地が生み出す優美な果実味 アルゼンチンワインの真価

・樹齢で明らかに差がつく カリフォルニアの歴史を語る 古木を保持するワイン造り
数量:

在庫: 残りあと 5

ワイナート 2019年 夏号 No.95

販売価格: 1,800 円 (税別)

白? ロゼ? 赤?
いえいえ、第4の新ジャンル
オレンジワイン

2004年。
いわゆる自然派と称される生産者たちが集まったとあるイベントでのこと。
何人かのイタリア人が造ったという
ブドウの果皮を漬け込み発酵させた「白ワインらしきもの」を見たイギリスのワイン商は、
ある言葉を発したという。
「オレンジワイン」。
その言葉はいまや、世界共通言語となりつつある。
その得体のしれないワインを、この特集で解き明かしていきたい。

いつ、どこで、誰が?見識あるプロ3人がオレンジワインを紐解く
数量:

在庫: 残りあと 2

ヴィノテーク 2019年08-9月合併号 No.477

販売価格: 1,500 円 (税別)

南米テロワール主義宣言

チリはモンテス、ラポストール、ウンドラーガ、コノスル、ビリャロボスにヴィラール。アルゼンチンはエル・エステコにカイケン。 ブルゴーニュでは隣り合う畑の違いまで議論されるのに、チリ・アルゼンチンとなるとなぜか国単位。小さくてもヴァレー単位。なぜなのか? これまでなかなか語られてこなかった微細なテロワールに目を向ける造り手たちが今、何に取り組んでいるのか、そして飲み手は今、チリ・アルゼンチンワインのどこに注目すべきなのか、この特集を読めばわかる。




南仏ヴァン・ナチュレルの巨匠を訪ねて

ジャン=フランソワ・ニックにディディエ・バラル。一方、ジェラール・ベルトランやドメーヌ・カズのように、大規模にビオディナミを展開し、産地を牽引するリーダーもいる。 今こそ、この重要産地、南フランス、ラングドック・ルーションに目を向けるべき! ビオワイン、ナチュラルワインに興味のある方は必読。
数量:

在庫: 残りあと 2

ヴィノテーク 2019年07月号 No.476

販売価格: 1,100 円 (税別)

オーストリアワインの新機軸 そしてシチリア
4 躍動するオーストリアワイン
5-21 堂々の重要ワイン大国となったオーストリア最新レポート2019●寺下光彦
22 田崎真也が利く躍動するオーストリアワイン8種
27 シチリアの今を牽引するプレミアムな赤ワイン
28-38 プレミアムワイン産地へと変貌を遂げるシチリア●高橋佳子
39 田崎真也が利くシチリアのプレミアムな赤ワイン5種
2・3 大胆で革新的なヴーヴ・クリコのプレスティージ キュヴェ ラ・グランダム2008
40-43 Sakeヴィノテーク――生もと「大七」X新感覚ヴェトナム料理「アンディ」=発見の幸せな食卓●庄野純子
23 ワインの芽・ワインの坩堝 by Mineo TACHIBANA
24 梁世柱のLet it be的ワインライフ〈2〉「山川草木の秘め言葉と歩む 農家としての生き方」
25 古酒礼賛+巡礼〈111〉「バタール1959」 ●秋津壽翁
49 葉山考太郎のワイン漫筆〈206〉 「ソノマの”インディー・ジョーンズ”と”大工の棟梁”」
50 クローズアップワインNOW!!――パスクアのスーパービアンコ初披露/カステッロ・ディ・アマを利く/ジャンシス・ロビンソンのグラス・コレクション/ワシントン・オレゴン ワイン エクスペリエンス プロモーション結果発表/ポメリー ソムリエコンクール決勝レポート
数量:

在庫: 残りあと 2

ヴィノテーク 2019年06月号 No.475

販売価格: 1,100 円 (税別)

夏、スパークリングワインがおいしい季節の到来。
世界中で造られるスパークリングワインの中でも、その潜在力を開花させている産地を発見。スパークリング日本酒の話題も。カリフォルニアワイン、今年のボルドー・プリムールで発表されたヴィンテージ2018についてもレポート。
数量:

在庫: 残りあと 2

ヴィノテーク 2019年05月号 No.474

販売価格: 1,100 円 (税別)

特集:イタリアワイン・アップデート
数量:

在庫: 残りあと 2

ヴィノテーク 2019年04月号 No.473

販売価格: 1,100 円 (税別)

春、そして夏へ。ロゼの季節到来です。 ロゼワインのための葡萄品種はさまざまで、フレッシュで軽やかなものから、酸もたっぷり、タンニンを感じるものまでスタイルも幅広いのが魅力です。そんなロゼワインだからこそ、もっともっと食卓で活躍できるはず。 そんなヒントを見つけるための特集です。
このところ話題のレストランの“ガストロノミック・ロゼ”は?
ここ最近オープンしたばかりのフレンチ、イタリアン、和食、中華、スパニッシュから話題のレストランを直撃。熟成した魚に牡蠣料理にイワシと魚介系、アーティチョークのサラダや菜の花のきんぴら、仔羊のローストや小鳩の料理、はてはイカスミまで、それらに合うロゼは本当に多彩です。
数量:

在庫: 残りあと 1

ワイナート 2019年 春号 No.94

販売価格: 1,800 円 (税別)

日本から1万5000キロの彼方にある国、南アフリカ。
アパルトヘイト撤廃後、この国のワインは大きく発展。
しかしその大半は、ありきたりの国際品種に占められた。
2000年代半ば以降、それに飽き足らぬ若き醸造家が続々と独立。
南アフリカならではのアイデンティティを表現したワインを生み出している。
いよいよいま、この国のワインが真の意味で開花する!
数量:

在庫: 残りあと 2

ヴィノテーク 2019年03月号 No.472

販売価格: 1,100 円 (税別)

ワインに欠かせない、ワインの周辺の「もの」にはいろいろある。そのひとつ、栓(クロージャー)は実に多彩で多様なストーリーをもっている。今号ではそのクロージャーについて最新をレポートする。また、日本ワインに適した品種とはなにか、日本ワインの「品種への挑戦」を追っていく。
数量:

在庫: 残りあと 2

ヴィノテーク 2019年02月号 No.471

販売価格: 1,100 円 (税別)

今、要注目のワイン産地、それはポルトガル、オレゴン・ワシントン、そしてシチリア。面白い産地には、動きがある。その最新を探る。そして、前号1月号で好評だった、麻井宇介氏と有坂芙美子女史の「白ワインのジャンル」対談再録も。さらに新連載『梁世柱のLet it be的ワインライフ』も。今号のテーマは、オレンジワイン。
数量:

在庫: 残りあと 2

ヴィノテーク 2019年01月号 No.470

販売価格: 1,100 円 (税別)

【世界の白ワイン】
エレガントで繊細なスタイルがトレンドとなる中、今、あらためて白ワインに注目。
故・麻井宇介氏とヴィノテーク・ファウンダー有坂英美子の「白ワインのジャンル集大成」を再録し、白ワインとは、をあらためて知る。
現地取材はイタリアのシチリア、そしてソアーヴェ、ドイツの白ワインの今を。
南アフリカの冷涼産地と古木をキーワードに最新情報も。
「Sakeヴィノテーク」では立春朝搾りをテーマに、新年の幕開けにふさわしい話題満載。
数量:

在庫: 残りあと 2

ワイナート 2019年 冬号 No.93

販売価格: 1,800 円 (税別)

フランス ブルゴーニュ/シャンパーニュ/日本ワインコンクール2018

数量:

在庫: 残りあと 2

現在のカゴの中

合計数量:0

(ボトル本数):0

商品金額:0円(税別)

カゴの中を見る

検索条件

商品カテゴリから選ぶ
生産者から選ぶ
フリーワード検索
価格帯
 円 ~ 
 円
品種
ビンテージ
容量
ボディ
格付け
その他

ログイン

メールアドレス
パスワード
パスワードを忘れた方はこちら

カレンダー

2019年12月の定休日
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031
2020年1月の定休日
1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031

※赤字は休業日です

  • プティットメゾンのfacebookページ
  • プティットメゾンのおいしいワイン生活
プティットメゾンのご案内
カーヴ・ド・プティットメゾン
La Cave de la Petite Maison

〒154-0011
東京都世田谷区上馬3丁目6-14
田園都市線 駒沢大学駅
東口下車5分
(スーパー オオゼキ裏側)

OPEN
11:00~20:30
※月曜日は13:00~20:30
※水曜定休

3-6-14 Kamiuma Setagaya
Tokyo Japon,154-0011